歌:angela
詞:atsuko
曲:atsuko、KATSU
編:KATSU
註:『蒼穹のファフナー』OP


愚(おろ)かでいいのだろう 見渡(みわた)す夢(ゆめ)の痕(あと)
さよなら 蒼(あお)き日々(ひび)よ


流(なが)れに身(み)を任(まか)せ いつか大人(おとな)になってゆく
少(すこ)しずつ汚(よご)れてゆく事(こと)なの?

熟(じゅく)した果実(かじつ)だけ 選(えら)ばれて
ナイフで裂(さ)かれて 呑(の)み込(こ)まれる前(まえ)に

僕(ぼく)らは目指(めざ)した Shangri-La
欲望(よくぼう)は抑(おさ)えきれずに
空想(くうそう)にまみれた 
「自由(じゆう)」を求(もと)め続(つづ)けた
今(いま)なら言(い)えるだろう 此処(ここ)がそう楽園(らくえん)さ
さよなら 蒼(あお)き日々(ひび)よ


大切(たいせつ)な何(なに)かを 踏(ふ)み台(だい)にしてまでも
一番(いちばん)高(たか)い林檎(りんご) 掴(つか)みたかった

無(な)くしてから気付(きづ)く 尊(たっと)いモノ
幼(おさな)い僕(ぼく)らは 的(まと)はずれだらけさ

満(み)ち足(た)りた日々(ひび)の制圧(せいあつ)は
情緒(じょうちょ)不安定(ふあんてい)になる
傷(きず)を負(お)ってでも 
羽(は)ばたきたいと願(ねが)うよ
愚(おろ)かでいいのだろう 見渡(みわた)す夢(ゆめ)の痕(あと)
さよなら 蒼(あお)き日々(ひび)よ


輝(かがや)く空(そら)は 無邪気(むじゃき)さを装(よそお)い
全(すべ)てを知(し)っていた...

僕(ぼく)らは目指(めざ)した Shangri-La
欲望(よくぼう)は抑(おさ)えきれずに
空想(くうそう)にまみれた 
「自由(じゆう)」を求(もと)め続(つづ)けた
距離(きょり)を置(お)いてこそ 
自分(じぶん)の大(おお)きさを知(し)る
未熟(みじゅく)な心(こころ)は 
それさえ分(わ)からないまま
今(いま)なら言(い)えるだろう 此処(ここ)がそう楽園(らくえん)さ
さよなら 蒼(あお)き日々(ひび)よ

文章標籤
創作者介紹
創作者 Hohenzollern 的頭像
Hohenzollern

Schloss Babelsberg

Hohenzollern 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()